バランスの良い食事をしよう

"薄毛のことで悩んでいる人は、まず本当に効果のある育毛剤を選びましょう。
育毛剤の中には、ほとんど効果の無いモノも販売されているので注意が必要です。栄養バランスを整えるための主食や副菜、または主菜の他、牛乳や乳製品と果物の分類に分けられており、それぞれ1日にどのくらいの量を摂取したら良いのかを食事ガイドラインを参考にしましょう。
バランスが整った食生活の基準として平成17年6月に厚生労働省と農林水産省が共同で報告している「食事バランスガイド」というものを確認することで知ることが出来ます。

 

主食の場合におきましては、ご飯なら4杯程度、副菜の場合なら野菜料理5皿程度などと、簡単な目安を確認して毎日の食事に気を配るようにしてください。"

高円寺 賃貸へ
高円寺 賃貸はこちら
http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/



バランスの良い食事をしようブログ:2019-07-14

あたくしたちの体質は大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
体質の調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
子どもが便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかく母の言うことを聞かない
子どもになってしまう。

排便が快調な子どもほど
母に対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

子どもが便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
母が無理矢理に
10時食を食べさせてしまうことにある。

大人は10時の排便が
習慣づいているかもしれないが、
子どもは10時の排便が習慣づいておらず、
10時の排便は遅れがち…

しかも子どもは
母よりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのに10時食を食べてしまうと、
ご飯の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯はご飯をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、母は、
子どもが10時の排便をしない限り、
絶対に10時食を与えるべきではない。

子供にとっては
10時の排便こそ
非常に大事な仕事なのである。